★公認会計士の難易度はいかほど?会計系の試験で比較してみましょう!!★

公認会計士試験は、「医師試験」「司法試験」と共に三大国家試験と位置付けられており、会計系最高峰の国家試験です。平成25年度の合格率は、8.9%で非常に難易度が高くなっており、大学生のうちから資格予備校などに通い2~4年で合格することが平均となっています。このような状況の中で合格率が一桁なので、公認会計士試験の難易度の高さが伺いしれます。よく公認会計士の難易度を比較する上で、日商簿記1級や税理士が引き合いに出されますが、どうなのでしょう。日商簿記1級の範囲は簿記、会計学、工業簿記、原価計算で構成されており、公認会計士試験においては、この分野を全てカバーしているので、簿記1級を取る人も少なくありません。公認会計士試験では、計算科目は試験時間中にすべて解くことは、ほぼ不可能になっており、解けるところを選別して解く、情報処理能力も必要となってきます。一方、簿記1級の方は全ての問題を取り掛かる時間があるので、公認会計士試験を目指している人の中では、時間内より早く解き終わる人もいます。簿記1級は情報処理能力よりも正確性を重視している試験であり、正確な処理能力を身に付けた者にとっては難易度の違いが分かると思います。また、税理士試験との難易度の比較もよくされますが、税理士試験は、一つひとつの試験の難易度が高いため、一概にはどちらが難しいか言えません。試験制度が違うため、科目合格制はあるものの期限があるため、基本的には一回の受験で全て合格しないといけない公認会計士試験の方が一般的には難易度は高いとされています。

公認会計士 難易度はコチラ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA